アロマエステを最大限楽しむ方法

アロマエステで太くなった足のむくみを解消しよう

夕方になると足が重い、靴下のゴムの線がくっきりついてしまう。デスクワークの人に限らず多くの女性が抱える「足のむくみ」の原因は、血流の停滞です。血液中の水分が血管やリンパ管の外に漏れ出ることで皮膚の下に溜まったままになっている状態を言います。女性は血管が細く、男性に比べてむくみやすいとされています。
解消するには滞った血流を流すしかありません。
食事に気を付けることもとても大切ですが、なにより体の緊張をほぐすことがより効果的です。足のむくみが気になる時には、自宅でアロマエステを試してみてはいかがでしょう。

アロマエステで足のむくみ解消

血流を良くするためにはまず温めることが必要です。血管が細いということは体温の熱が体の末端まで届きにくいということです。お風呂でじっくりと体を温めて、まずはきゅっと縮んだ血管を広げましょう。お風呂の水圧で足先に溜まった老廃物が上半身に上がりやすくなります。足先から心臓に向かってやさしくマッサージをして血の巡りを促します。

しっかりとほぐしたら、アロマオイルを使ってさらにマッサージをしていきます。温まっているとオイルが浸透しやすくなる上、人間は香りから心身に様々な効果を得ることができます。特に精神的にリラックスすることで、体の緊張感をほどよく解くことができてマッサージ効果を高められます。むくみに最も有効だといわれる効能をもったジュニパーや筋肉をゆるめてくれるクラリセージの他、ローズマリーやグレープフルーツの香りも血行促進の効果があると言われています。
様々なアロマオイルをブレンドしてオリジナルオイルを使うこともできます。

アロマエステで血行促進

アロマオイルで足全体を包んでから、足の裏から順に足の付け根に向かってゆっくりマッサージしていきます。香りを楽しみながら上半身に血液を戻すイメージで行いましょう。
マッサージ後は足を冷やさないように靴下を履くなどしてください。